2024年06月12日

チョット、ラッキー

航空自衛隊 百里基地 部隊見学会 東京地方協力本部 なんて固い名前なんですが、自衛隊なんでそんなもんでしょう。
今日、これを宣伝するために、京急蒲田あすとのアーケードの一角に自衛隊のブースが設けられていました。

食事を終えてその前に通りかかったので、係の女性に話しかけてみました。
「この日(7月25日)って、ブルーインパルスは飛ぶんですか。」
「百里基地に入って、目の前で機体を見られるイベントなんです。」
「そうなんですか。」ちょっとがっかり。
「でも、もしかして、飛んできたりして。」なんて、くだんの女性はリップサービスをしていましたが、年間カレンダーにそんな予定はなく、百里基地で展示飛行をするのは、年末までないことは知ってたんですけどね。

それでも、それだけ話を終えるのもなんだかと思い、2年前に百里基地に行ったことや、初代ブルーインパルスの頃から追っかけをしていて、二代目ブルーインパルスのT−2のデビュー展示が有る松島基地まで、夜行列車とローカル線を乗り継いでいったことや、矢本の駅に着くや、カメラバッグを持った烏合の衆からなる一団が、基地の正門めがけて猛烈ダッシュしたことなどを話しました。

すると、その広報の女性は話しながらするすると小さなバッグに歩み寄り、中から何か取り出しました。
それは、何とブルーインパルスの写真が印刷されている半透明のファイルフォルダを取り出したのです。
えっ!?
「どうぞ。」と言われて、「ありがとうございます。いやぁ、うれしいです。」なんとラッキーなんでしょう。
ほんの少し話をしただけなんですが、追っかけで岐阜基地や松島基地に行っていたことや、入間基地での国際航空宇宙ショーでのF−15の垂直上昇パフォーマンスのことまで、かなりオタク的要素の濃い中身だったので、その女性はいたく感じ入ってくれたのかもしれません。

広報の方、ありがとうございます。私にとってのお宝が、一つ増えました。僥倖です。
posted by ホワイトミスト at 21:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月02日

足裏 シャワー?湯舟?

あなたは、シャワー派ですか、湯舟派ですか。圧倒的にシャワー派が多いと思いきや、知人達に聞いてみた結果、ほぼ半々の結果に。
で、確認したかったのは、足裏の綺麗さなんです。
シャワーでの動作を確認してみれば分かりますが、頭髪のシャンプー・洗顔・体全体のボディシャンプー。

ざっくり言えばこの順番でシャワーを使っている人が大半でした。
ここで、気が付きました。足裏を意識して洗っていますか、と質問したのです。
今度は、ほとんどの人が意識して洗ってはいないと答えました。その理由は簡単です。シャワーってほぼ立ったままで体を洗う動作に終始しますから、しっかりと風呂の椅子に腰かけて、足裏をごしごしっていう動作は、意外に盲点だったのです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
でも、質問に答えからは、「しっかりと洗うようにしています。」「こんなに汚れが有るんですね。」「湯舟の中で意識して擦ったら、お湯が汚れてしまって、次の人のために綺麗にするのにエライ時間がかかってしまいました。」
そう、汚れがこんなにあるなんて思ってもいなかったようです。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

同じ意味では、背中のど真ん中ってどうやって洗っていますか。奥さんに洗って貰っている?嘘おっしゃい!
なかなか洗いにくい場所ですよね。

足裏洗い啓発記事でした。
オソマツ。
posted by ホワイトミスト at 11:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月28日

ナガミヒナゲシ

10年ほど前から、路傍に咲く背丈17〜8cmのオレンジ色の花が、やたら、目につくようになりました。
年を追うごとに勢力は増し、今ではいたるところに群落をなしています。
ブタクサのように花粉で悪さをするわけではありませんが、その増殖の勢いは、目を見張るほどです。

そう、ナガミヒナゲシです。
20240420_103049.JPG

もともとは地中海あたりが原産地となっていますが、繁殖力の強さからみて、どこでも大勢力を張れる性質なんでしょうね。
最近になって、外来種としてその勢力拡大の力強さに、在来種に対しての脅威であるとニュースで取り上げられるようになりました。
この植物の特徴として、咲いた花の後さらに背が伸びて、これからの花を隠してしまうほどの高さになります。そして、あたり一面に繁殖している地域では、花が終わった後は、種を付けますが、その姿が長い実の形をしているので、「ナガミ」と名付けられたのだとか。

今住んでいるマンションの植栽にこのナガミヒナゲシが咲いたなぁと思ったら、爆発的に増えて、かなり大きな花壇の一角を占領してしまいました。そして、2週間ほど前、いきなり、その花壇が手入れされ、土を総入れ替えして、植えられたのがなんとタイサンボクでした。
子供のころ、タイサンボクは土壌に根付くのが難しい木だと教わっていたので、こんな場所に植えられて成長するのだろうかといぶかしんではいますが、いくつか蕾がついていますので、咲くのを楽しみにしています。
タイサンボク1.jpg
ここで大事なのは、土を総入れ替えしたことでしょうね。
雑草並の繁殖力を持つナガミヒナゲシが繁茂していたのですから、次世代につなぐ種が相当落ちていたはずです。其のままにしておいたなら、別の植栽をするだけだと、すぐにこのケシにやられてしまうでしょうから、「賢明な判断」だと思います。
もっとも、マンションの植栽を任されるくらいなので、プロの業者だったんだと思いますが………。
posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月10日

スマホニュースの偏り表示

今や、新聞を読んでいないのが当たり前の世代が広がりつつあります。そんな人たちに聞くと、「だってスマホでニュースを見ているんだから、問題ないんじゃない。」という答えが返ってきます。
この回答は、正しくもあり、正しくはないのです。

確かに、最新のニュースは配信されていますが、その内容を吟味したことがありますか。実は偏っているのです。
いえ、正確に言えば、偏ってしまうのです。答えは簡単ですが、あえて皆さんにお聞きします。どうして偏ってしまうのでしょうか。
その仕組みはネットの「推し」に原因が有ります。

サイトのトップにニュースが出てくるタイプのブラウザでは、その時その時のトレンドをいち早く集計して、トップに出てくるニュースが時々刻々変化します。その際に、7〜10本ぐらいのヘッドラインが表示されて、それをクリックしていくと、最新のニュースを見た感じになってきます。この「感じ」が曲者なんですね。

実際にあなたが選んでいるわけでもにいのに、「選んだ気になってしまう」のが、問題なんです。本当にニュースなんでしょうか。実は、結構古い「昔のニュース」が最新のニュースの紛れ込んでいることがしばしば起きているのです。それを最新と思って人前で口にすると、「お前、何言ってんの?」になってしまうんです。それくらい、閲覧する側の注意力を払うことを必要とするのが、ネットニュースの特徴です。

意識せずに自分の知識をひけらかすタイプの人は、くれぐれもご用心召されよ。先ほどの回答の半分は、この「古いニュース」にあります。もう一つは、サイト側で普段あなたがパソコンで何を探しに行っているかをトレースして、その興味の方向に合わせてネタをふるいにかけて、あなたの画面に表示しているのです。

これを、「バイアスがかかっている状態」と言いますが、今はバイアスのかかってないサイトニュースを見つけることは大変に困難です。もし、それを望むなら、毎回自分のパソコンのクッキーのデータを消去するしかありません。そうすれば、いわゆるレコメンド記事からは解放されます。友達のパソコンと見比べながら、同じブラウザで同じキーワードを入力してみれば、差が出てくることに愕然とするでしょう。
posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月08日

八十八夜

♪〜夏も近づく 八十ハ夜
節分の次の日(立春)から数えて、八十八番目のこの日の頃は、お茶の新芽が出そろって茶摘みには絶好!と言える季節を指すのに使われる雑節の一つです。日本は、二十四節気という季節を細かく見ていくことができるほど、季節の移り変わりを愛でる人もまた多かったのでしょう。

お茶の緑って、本当に清々しい色だとは思いませんか。
そして、お茶のペットボトルも、やたらいい色になっていますね。でも、ご注意を!
あまりに綺麗な色は要注意なんです。鮮やかさは自然界にも多く存在はしますが、その鮮やかさをとそのもママ維持することができません。
色を存続させようとするならば、何らかの退色に対する化学的な対応をしなければなりません。

それこそが、添加物なんですね。この添加物も自然由来とか言っているものが多くなりまたが、消費者はそれを確認すべき手段を持ち合わせていません。であれば、メーカーの自主検査値を信頼するしかないのですが、先日来マスコミの俎上に載っているサプリメントの回収騒ぎも、だれか言いだすまでは調べようともしなかったのですから、あえて、「クワバラクワバラ」と唱えるしか術がないというのが現状です。

ですから、透き通ったキラキラしたペットボトル入りのお茶飲料を見ると、本当に大丈夫なの?と言いたくなります!
もっとも、某新興宗教も、草創期には、「ゴシンスイ」なる一升瓶入りの濁った水を信者に分け与え、法外な値段を取ることで、その価値を勝手に想像させ、しかし、その水に頼った信者はあえなく、鬼籍入りしてしまいました。

私が小学校6年生の修学旅行の最終日のことだったので、非常に強い怒りを感じたものです。たまたま、同じクラスに同じ病気の生徒がもう一人いて、こちらは通常の医者にかかって、しっかり快癒しました。親が宗教に狂わなければの図式は、この時代から延々と続いています。
何だか、今の綺麗すぎるお茶のコマーシャルを見ていると、あのときのあの宗教に対して向けられたクラス全員の憎しみを、ふたたび鮮烈に思い出してしまいました。


posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 倫理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

CO2削減から、吸収固定化へ

日本はいま世界でも有数の祝祭日の多い国です。「国民の祝日法」なんて言う法律まで作ってもっと余暇を手に入れようと国が旗を振っても、それをあざ笑うかのように、モーレツ社員は後を絶たず、過労死・ブラック企業のニュースばかりが横行している時代が続きました。

それが、今はどうでしょう。ゆとりが前面に打ち出された会社の方針が、掛け値なしに受け入れられる時代が来てしまったのです。
もちろん、まだ昭和の怪物に意識を持ち続けている古い時代のじいさんの政治が続いていることは間違いのことでしょう。
ただ、確実に現在の政治の仕組みが政党に影響を及ぼす団体の台頭によって、変化してきている傾向は見られます。

後、一押しか二押しでいきなり崩れ落ちてくるかもしれません。崩れ落ちるのは、政治だけでなく巨大な氷河もそうです。
そのうちに、地球が滅びると言われて、これが現実味を帯びてきたわけですが、一方で、炭酸ガスを吸収する巨大な装置が各国で稼働し始めています。規模的にはまだまだですが、こういったものを実際に投入することが、商売のネタになるのであれば、放っておかないのが資本主義の最たるところで、いずれ炭酸ガスの値が急激に減る状況が現出する可能性が出てきました。

危惧すべきは、いきなりのゲームチェンジャーの登場が、ヒーロー扱いされ過ぎると、空気のバランスが崩れて、食物連鎖の底辺を支える植物が、炭酸ガスの不足で育たないなんてとても皮肉なことが起きかねないのです。なんでも、学習しなければ、状況を把握できない人類は、極端から極端に揺れ動く中で、少し賢い人間だけが生き延びられるのでしょうね。
ラベル:地球 環境
posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月04日

卒業ソングのニュー?カマー

花は咲く 旅立ちの日に

この2曲は、最近の卒業式には数多く採用されています。ですが、「花は咲く」は東日本大震災の被災地・被災者を応援するために作られたチャリティーソングですね。この曲の作詞者と作曲者は宮城県仙台市の生まれです。
もう一つの「旅立ちの日に」は、埼玉県秩父市立影森中学校の教員の手になるものです。

前者は、卒業式という行事を意識して作られたわけではありませんが、歌詞の内容が素晴らしく、また、メロディーも古臭くなくことさらに明るさを強調しているわけでもありません。明快な意思を歌詞に反映しているところが、あちこちで採用されている理由でしょう。
「花は咲く」は2011年の震災に対しての応援歌として意図して作られていますから、学び舎を巣立っていく生徒や学生には、まさに卒業にぴったりの内容と背景を持っています。

「旅立ちの日に」は、単独の中学校の中での作品で、1991年に作られたそうです。しかし、これだけ広まったのは、何しろメロディーが心に訴えかけるものが有ります。気持ちがぐらついているときには、この曲を聴くだけで、前向きになれそうな気になってくる力が有ります。
以下に、ストリートピアノユーチューバーで有名な よみぃ の演奏した映像のURLを載せました。
ぜひ、お聴きください。

こちらは、福島で被災したのち、入念な手入れを経て、演奏可能になったピアノを駆使した「「花は咲く」の映像作品です。
https://www.youtube.com/watch?v=AAFcdRhJikg&t=3s
こちらは、ピアノメーカーとして名高い、ドイツ・ベーゼンドルファー社の製品で弾いた「旅立ちの日に」です。
https://www.youtube.com/watch?v=zrb1kDs5Ud0

歌は入っていませんが、抜群の録音加工が施されていますから、ユーチューブ作品としても出色です。


posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月02日

苛烈・熾烈 パン屋盛衰

私が15年ぐらい前まで住んでいたエリアには、パン屋が全くありませんでした。ある日、パン屋ができたというので行ってみたら、何と週2日営業!それも、営業時間は10時から17時までとあります。こんなんで商売していけるのかしら?さらに、驚いたことに、食パンのみの販売とあります。相当な自信が有るんでしょうね。
ただ、普段使いにはあまりに使いにくいので、結局パンは、そばの生協で済ましていました。

そして、今の地に移ってきたら、今度はパン屋はたくさんあり、より取り見取り状態。
最寄りの駅の構内には有名チェーン店、歩いて2分の食品スーパーにはベーカリーが併設されています。そこから、もう2分歩けば100円均一のパン屋が有り、スーパーから反対方向に3分歩けば、少しこってり系の作りパン屋が有るという環境。

そして、転居してから2年ほど経ったら、今度は作りパン屋の新店がオープン。ここは、少し高級に振っているのか、やや高めでサイズは小振り。開店初日は、交通整理員が複数配置されていて、店前にかなり広めの駐車場が有るのにさらに隣接する駐車場まで臨時に借り上げて、それでも駐車場待ちの車が道路に溢れました。
オープン値引きの券が新聞に折り込まれていましたので、早速行ってみました。客の数は凄いものの、残念ながら普通のパンが並んでいるに過ぎず、しかも少しずつ高めで小さいのと、味も「これは!」というものがなく平凡なものだったので、それきり利用しませんでした。

ところがこのパン屋ができて、100円均一のパン屋の客足がめっきり落ちてしまいました。100円均一という安さに惹かれた客は、皆山盛りで購入していたのがウソのような落ち込み具合です。そこで打った対策は、店名を変えて価格も上げたのです。しかし客足は一向に回復しませんでした。もう一つ、駅構内のパン屋も打撃が大きかったのか、撤退し、過去に利用したことが有る別の有名チェーンが入りました。ところが、ここもオープン初日に行ったら、前から知っている味より数段落ちるものしか売っていなかったのです。

そうこうしているうちに、交通整理員まで動員した店が、突然閉店してしまいました。
それからほどなくして、名前を変えた100円均一の店も閉店してしまいました。パン屋って、薄利多売の典型のような商売ですから、わずかのほころびに耐えられなくなると、維持ができないんですね。熾烈なパン屋の競争は、少し悲しい結果になりました。
posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月30日

『6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱』

テレビ朝日系ドラマ『6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱』を、ご覧になっていますか。大きな事件が起きるわけでもない普通の日常を、花火屋という職業を、あまり考えもなく父親の後をなんとなく継いでしまった男をめぐる、地味〜〜〜なドラマなんですが、妙におかしく、幽霊となって出てくる父親が一部の人しか見えないという設定にすることで、見る方を惹き付けるというちょっと変わったストーリーが毎回展開されます。

2023年に一クール放送されて、まあ、楽しめたくらいの感想だったのですが、まさか続編が放送されるとか思いもしませんでした。
高橋一生・橋爪功・本田翼の言葉の絡み合いが絶妙で、一般家庭とは少し違う幽霊と共存する設定は、よく考えたものだと思います。
そして、もう一つの楽しみは、番組中に必ず花火を打ち上げるシーンが出てくることです。

最近のカメラの著しい進歩で、花火は本当に綺麗に色までも撮影して再現できるようになってきました。
今回でも、星太郎の作る花火の中でも「紅色」は誰も真似できないような魅力ある色であることがキーになっていますが、その紅色の花火が開く瞬間も上手に色が再現されています。この「紅色」をめぐって物語は今までと異なった流れに乗っていくことになるのですが、それは視聴者が自らご覧になって、確認されてください。

花火が持つ魅力はいまさら敢えて語ることもないのですが、遠くで見るよりは近く、できるならば危険のない打ち上げに一番近い場所で、観覧することができたら、魅力はさらに倍増します。それは打ち上げの時のドンという腹に響く火薬の破裂音を体験できるからです。そして、花火の形状によって上昇中の花火が発する音を聞くことができることです。

わざわざ、上昇中に積極的に音を出すようにしている花火師もいます。
花火師は、いかに正確に形をコントロールし、いかに思った通りの発色をさせ、いかに発色時期を揃えられるかにしのぎを削っています。
打ち上げそのものは、コンピュータ制御で正確さをキープできるようになりました。
でも、それ以外の多くの要因は、花火師のイメージ力とイメージを具現化する展開力と、正確な火薬に関する知識と応用力が備わっていることです。のんべんだらりとしていたら、この世界では生きていけないほど、発想力をフル回転させる必要のある業界であるという前提で、このドラマを鑑賞すると、主人公のぐうたらの根本に迫れますよ。
posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月28日

他人の能力は自分の能力

ついにやってきたというキャッチコピーが、これほど相応しい事柄もないでしょう。
自分にはない能力を、他人から写し取ってきて、自分のものとすることができる技術です。
例えば、優れたピアノの演奏技術を身に付けるためには、遊ぶ時間も取れないほどに幼少時代から練習に打ち込む必要があるわけですが、その体得した技術をデータ化し、別の人間にインストールできる技術が完成まじかだとのこと.

長い時間をかけて体得した経験による筋肉の動きを、自分に移し替えることができれば、提供者の技術を再現できることが、原理的には可能になるのですが、事はそう簡単に運びません。
指や体の動きは、脳から発する信号電流による刺激でそれぞれに呼応する筋肉が動きます。それを、この技術では、脳から発せられた信号電流に似せた電流を筋肉に流すことによって、疑似的に筋肉に刺激を与えて動かします。

さぁ、ここで皆さんに問題です。この方式の最大の課題は何だと思いますか。
昔から、いろいろな研究がなされる中で、筋肉に電流をどれくらい流せば、どの程度の動作に反映するかは研究されてきましたが、それはあくまでの、単純な電圧の変化程度の観察でしたから、例えばピアノのように繊細に鍵盤を軽く押す動作から、一挙に大きな力で和音を叩く動作まで、大きな力の配分に差が出てきます。

答えは、もう出ています。そう、鍛えられた指と素人の指とでは、鍵盤をたたく力の加減が違うのと、もう一つ、少しの時間ならまだしも、長時間電流の支配下に置かれた場合、指の筋肉疲労が早々に限界に達しても、そのフィードバックが適切になされなければ、指の筋肉が過重労働に陥ちってしまい、最悪の場合、筋肉が破壊される可能性も出てきます。

そういった総合的なマネジメントもAiがしっかり監視しながら、次第に強度上げてくれるようなプログラムを開発していく必要があるのです。人が他人の能力を写し取ることができるという夢のようなシステムも、決して、最初から他人の能力を100%再現できるわけではないということです。
posted by ホワイトミスト at 17:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする