2023年02月01日

コマーシャルタレントbyサントリー

サントリーという会社は、昔からコマーシャルがとても上手ですが、起用するタレントの選抜眼も抜群です。
パーフェクトサントリービールでは、堺雅人・山本耕史の絡み合いの後に、中華料理店にすでに座っている「奈緒」が、………、というシチュエーションですが、NHK連続テレビ小説「半分、 青い。」のヒロインの親友役でお茶の間に深く浸透したタレントです。
と書けば、いかにも訳知りですが、じつはNHKの朝ドラはこのときみていなかったので、このCMでかわいい顔の女優だなと注目しました。

そして、サントリーが今、力を入れているビヤボールには、黒島結菜が抜擢されています。細顔のチョットクチボソ系の顔は、なかなかにインパクトが有ります。奈緒よりも2歳下とのことですが、この年代は年齢を当てるのはかなり難しいです。小悪魔にあと少しという微妙は顔つきは、CMにぴったりと言えます。

そして、もう一人強烈な個性が際立つ桜井 ユキは、サントリー ジャパニーズジン翠(SUI)での軽妙なやり取りが印象的ですね。
このコマーシャルのキャッチコピーがまた秀逸ですね。「まだ、流行っていない。」自らの立ち位置を、これからと思わせる余韻のある言葉をぶつけることこそ、サントリーコマーシャルの真骨頂を見る気がします。

これらのコマーシャルに共通しているのは、男性タレントは全て添え物であることです。まことに贅沢なタレントの起用法であり、サントリーここにありを見せつける内容です。日本初のヌードと騒がれた洋酒の寿屋時代なんて知らなくても、サントリーの知名度は老若男女すべてに抜群です。しかも、季節ごとに猛烈な出稿数を誇っています。

特に、金麦に見る一品種多バリエーション展開は、新しい視点でもあります。黒木華 柳楽優弥 香取慎吾 松岡茉優  と、これまた贅沢なタレントの起用法だとは思いませんか。これで、ますますサントリーの製品は庶民にグイグイと浸透していくことは間違いありません。
他のビールメーカーに伍して健闘を続けるサントリーは、いつでもチャレンジャー的な会社の風土があるのかもしれません。
posted by ホワイトミスト at 01:01| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

男だって使うべきよ

この題名そのものが、ある商品のキャッチコピーでした。何はともあれ、以下の写真をご覧ください。
花王.png

これは、私の生家で実際にこの商品を売っていた時の入れ物の蓋を開けた時に現れる印刷です。なんと我が家にはこの入れ物が三つも残されています。ブリキ製で、作りがしっかりしており、写真のフィルムを整理するのに、ちょうど良いサイズだったので、今も重宝に使っています。
商品は、ずばり、花王石鹸(現・花王株式会社)が発売していた、髪を洗う専用の粉せっけんです。
発売してから、ずっとこの写真を使っていました。中身は、女性が一回で使い切るだけのシャンプーの粉が入っていました。二袋つながっている形が販売単位で、一つ10円でした。つまり、一回当たり5円の勘定です。

昭和30年代を通して、この意匠はずっと変わらなかったですね。このキャッチコピーはどこから来たかと言えば、当時の男性は固形石鹸を泡立てて、その泡で髪の毛を洗うのが普通の事でした。それを、シャンプーに変えてみませんかというキャッチコピーだったんです。
時代を変える製品の端緒でもありました。

で、元々長い髪の女性用として一袋の粉の量が決められていましたので、男性にはもったいないということで、一袋を二回に分けて使う方も大勢いました。これなら、一回で2円50銭となります。固形せっけんで事足れりとする男性にとっては、シャンプーはまだ「高い。」ものだったのです。ですから当時は、たった10円のシャンプーを、「1個ください」ということが普通に言えた時代でもあります。
流石に、売り出して数年たつと5セット(10袋)を輪ゴムで止めて、50円で販売するようにはなっていました。

で、使用法は言えば、まず、袋を破いて軽く口を開けておきます。次に、片手にシャンプーの粉を半分くらい入れて、お湯を少し垂らして軽く練って、さらに湯を垂らしてやや緩くした状態で髪の毛を洗うのです。そして、ざっと泡を一回流して、残りの半分を同じようにお湯で溶いてもう一回髪の毛を洗うのが、一般的でした。この説明でもわかるように、半分ずつ二回使うのが女性で、一回しか使わないのが男性というわけです。

今のように、ボトルでガンガン洗う姿は、当時は全く考えられませんでした。それだけ、メーカーの戦略に嵌ったということなんでしょう。
posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月30日

私的ファミレスランキング

燃料高騰が端緒となって、2万品目近くが値上げとなってしまった昨今、果敢にも値上げをしてきたファミレス業界ではありますが、今かなり対応に差が出て来てしまいましたね。
題名に「私的」と明記した通り、私のブログにしては珍しくすべて実名で記事を作っています。実食した感想を、脚色無しに書いています。

全体的に優れたパフォーマンスを感じたのは、「夢庵」です。価格自体もさほど上げていませんし、メニューの中味も提供する内容を良く絞り込んであります。ファミレスは以前から、デザートが意外と価格が高いのですが、デザート込みでそこそこに注文して夫婦で3,500円で収まるのはかなり良心的です。味は、以前より良くなっています。

次は「ガスト」に票を入れました。夢庵と同じすかいらーく系列ですから、そこそこの対応は同じですが、やや高めになってしまいましたね。
味は少し良くなった程度です。メニュー構成は、少し整理が足りないようで、品数を増やす派と減らす派の中間をとってしまったような、少し中途半端な感じを受けました。

次は、「とんでん」です。ここは明らかに、二人で1000円程度価格が上がってしまいました。メニュー構成は、名物のイワシが後方に下がってしまいましたね。注文したいと思わせる品数が激減しています。やや、値上げに対しての配慮が不十分です。味はもともと中庸より少し良かったものが、そのまま変わらずに提供されているように思えます。

私が贔屓にしてきた「ロイヤルホスト」は、今回最下位になってしまいました。理由は、そんなに値上げ!と驚くほどです。二人でサラッと注文しても6500円!となると、気軽に行ける価格帯から大幅に逸脱しています。その割には、メニューに魅力が感じられません。元々、提供される食事の質にばらつきが大きいのが此処の特徴ですが、細やかな対応−例えば、牛肉の提供グラム数を細かく指定できるとか、和食ファミレスならご飯・スープなどは本体料理価格に含まれていますが、ロイヤルでは料理代金に含まれていません。その分割高です。また、ここのデザートはトップクラスと言えるくらい高いですが、味はもう少し洗練して欲しいものです。
ここの責任者に、夢庵を覆面で訪れてもらい、食事を提供して貰ってみてください。

でも、実際に利用してここに掲載しなかった系列は、残念ながら論外という結論でした。2023年1月だけの評価です。
今後の折にふれ、この手のランキングを掲載しようかと考えています。
posted by ホワイトミスト at 01:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月29日

歯磨き粉

この題名で違和感を感じる人って結構いるはずです。歯磨き粉って、いまみんなチューブに入っているあれは、粉ではないですよね。
そう、今のは登場した時は、「練り歯磨き」と言っていたんです。

歯磨きが登場した当時は、すべて製品は粉の状態で売られていました。リンゴに近い形の瓶で、何故か瓶の色はみな緑色でした。
そして、今だったら「ウッソウ〜」と思われるかもしれませんが、家族全員がその瓶の中の粉に、自分の歯ブラシを突っ込んで、粉を付けて磨くというのが、当時の普通のスタイルだったんです。

また、瓶の形も各メーカー皆ほぼ同じだったもんですから、瓶のふたを見なければ、見分けは難しかったですね。
で、誰か無精をして、濡らしすぎた歯ブラシの水を切らないで粉を付けたりすると、後になって粉が玉になっていることが結構頻繁に起きて、そのたびに兄弟げんかの素にもなっていたんです。

のどかって言えばのどかな今のコロナ禍を考えたら、とても恐ろしいと言われるようなことでも、平気でしたね。
もう一つ、いつも親が眼を光らせていたのは、粉の量です。あんまりたくさん付けるとすぐに無くなってしまうから、という理由の家もあれば、
粉を付けたふりをしてただ口の中で歯ブラシを動かしていたり……いろいろです。

そして、歯ブラシもまた、いまのように腰の強いナイロン製品は無かったですから、歯ブラシの材質は、豚の毛だったのです。だから当然、色は茶色っぽいもので木の柄に植えこんでいましたので、少し古くなると毛が抜けてしまうんです。これが口の中で悪さをするもんですから、毛って嫌なものだと思う人もたくさんいました。

しかも、歯垢をかきとるほどの腰は確保できていませんでした。また、ローリング法とかバス法が推奨される前のことで、歯ブラシの動かし方を教わることは、小学校の保健体育の時間に一回やったきりというレベルでした。
だから、虫歯が多かったのも頷ける話なんです。
posted by ホワイトミスト at 02:01| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月28日

チューブ式鉄道

少し前のニュースで、中国が時速1000Kmの鉄道建設を目指す?なんていう記事が流れました。列車は密閉されたチューブの中をリニアモーターで驀進するという構想です。空気の抵抗を避けるために、チューブの中はかなり減圧しておく必要が有ります。この発想は何も今に始まったものではなく、何と少年マガジンやサンデーがまだ、表紙から数ページはフルカラーのイラストでいろいろな話題を毎号取り上げていた時代の一つの記事として掲げられていました。

おそらく、イラストは長岡修三(秀星)の手で書かれていたはずです。この頃は、軍艦だったら小松崎茂だったと記憶しています。
この時描かれていたチューブ式鉄道は、今回の中国の発表と原理はまったく同じで、発想はもう50年以上前のものだったことが分かります。
さらに、これの発展型として、地下トンネルをチューブとして大陸間の弾丸列車の構想も載っていました。速度は、何とマッハ5、夢が有りましたね〜〜〜。

少年週刊漫画雑誌は、当時のメディアとしての地位を確立していましたので、今のように発行部数はおおくても存在感が薄いものではありませんでした。元々、漫画雑誌は月刊でした。少年・少年画報・冒険王・ぼくらなんてのが有りましたね。十五大付録とか十八大付録なんて、付録の数を競ったものです。そのうち、付録に行き詰って、雑誌本体に掲載すべき漫画を別冊という名前の付録に分けて、数を水増しするという姑息な形にまで行きついてしまいました。(その逆で、本誌にカラー8ページ続きは付録なんて言う形もありました。)

話がそれましたが、チューブ式鉄道に限らず、当時流に言えば空想科学モノが、少年の心を捉えてウキウキさせていたのです。タンカーの大型化の究極の姿として、船体が中央で連結されて、大きなジョイントで波が来ると、くの時になったりハの字になったりして航行を続けるなんて言うものや、高空を飛ばず地面効果を最大限に生かした大型貨物飛行機の構想なども、あたかもすぐにでも実現するかの勢いで描かれていました。

こうした心を掻き立てるようなエンターテイメント性は、復活して欲しいものです。そして、実物写真より圧倒的に迫力のあるイラストは、それだけで価値のあるモノです。
現実に戻って話を進めますが、あなたは中国の作るチューブ式弾丸列車に乗ってみたいと思いますか。
posted by ホワイトミスト at 01:21| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月27日

風力発電

風力発電のイメージは、山間部や洋上に高い鉄柱を立て、そこに大きなプロペラが比較的ゆっくりと回っている姿だと思います。
でも、もっと小さな家庭用に開発された風力発電機も有るのです。では、なぜあんな大きなものと家庭用なんて言う区別が出来てしまったんでしょうか。それは、風の性質によるのですね。低山でも平均風速は8〜9m/sはあります。ただ、あんな大きな風車は危険ですので、人が立ち入れないようなエリアに設置されているのです。

対して、市街地での平均風速は、2〜3m/sと言われています。これくらいの風力では、以前は風車を回して発電するというレベルにまでは到達できなかったんです。しかし、力学的な研究が進んで、様々な形状が考案され、今ではかなり微弱な風でも発電できるようにはなってきました。しかし、絶対的に大きな発電量を求めるとなると、風がもっと定常的に強く吹く場所が必然的に必要とされてきます。

そのための第一歩は、少しでも高いところに風車を設置することが基本です。ただ、むやみ高いところに設置すると、後々のメンテナンスが大変で、その費用がバカになりません。ですから、装置までのアプローチが容易で、しかも、あまり人家に近くなく標高が稼げるという条件を課すと、意外に個人の庭レベルでは難しいことが分かります。

モニュメント的に設置するならまだしも、本来の目的は自宅の電力を賄えることと、もし余剰が出るならばそれを売ることです。
今の法律では、20Kw以下の小型風力発電機からの電力が、比較的高い価格で売れるようです。
日本での実績がある風力発電装置は、ゼファーという会社が製作しているものが有名です。低騒音で高効率なのがウリです。

で、性能はどうかと言えば、風速に応じて出力が変動するのは当たり前として、2.5m/sで発電可能となり、この時の出力はたったの27Wです。この機器の定格は12.5m/sの時のもので出力は1000Wです。最大運用風力は50m/sでこの時には3200Wもの発電が可能です。このタイプの本体価格は50万円くらいだとのことです。これに、インバーターを付加して出力を平たんにする必要が有ります。
実際には、更に蓄電池と組み合わせて、非常用電源用途に振った設置が一般的です。

何と言っても、この機種は小さいです。羽の直径は、1.8mしかありません。ちょっとした田舎で、広い土地持ちで丘でもあれば、絶好のロケーションと言えます。共同で100機程度纏めて設置すれば、それなりの売電も可能になると思います。もっともその場合は、もう少し上位の機種の方が、コストパフォーマンスは優れているでしょうね。
posted by ホワイトミスト at 01:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月26日

専守防衛

日本の自衛隊は、その名の通り「自分を守る」ことですが、このところ首相の口からやけにきな臭い話がポンポン出て来て、あなた戦争するつもりじゃないでしょうねぇ〜と突っ込みたくなるような国会答弁ですが、少なくとも、防衛予算枠の大幅な拡大は、仮想敵国から見れば驚異其のものでしょう。

ミサイルが飛んでくるから、それを迎撃するための抑止力としてはやっぱりミサイルと短絡思考しかないように思える政府ですが、もっと建設的に物事を考えてみましょう。
仮に、相手国が20000発の極超音速ミサイルを持っているとしたら、少なくとも全弾撃ち落とすには、百発百中としても20000発必要なわけですが、それが、どこから攻めてくるか分からない状況では、狙われやすい地域用にミサイルを重点配備したとしても、こちらの用意した数と相手国の狙ってくる発射数が同じなどということはまず考えられませんから、マージンを考慮すれば、30000発なのか40000発なのかは明確ではないにしても、数多くのミサイルが必要となってくることは間違いありません。

しかも、有事に備えてという錦の御旗を振り回されて、お金を軍需産業にじゃぶじゃぶ注がれたのでは、税金なんて幾ら搾取されてもまだ不足と言ってくるでしょう。

そこで、提案です。高エネルギーを放つ銃を開発するという案はいかがでしょうか。どの程度のエネルギーが必要かは専門家に計算して貰うとして、強力なエネルギー粒子を極めて細い線に収斂して、成層圏から宇宙圏の下あたりまでの数十基の鏡衛星を打ち上げておき、地上からその鏡に向けてエネルギーを発射し、鏡を瞬時に作動させて、エネルギーをミサイルに向けるという方法です。

これなら、弾切れの心配はなく、間断なく防衛に専念できるはずです。勿論、領空侵犯機や領海侵入船に対しての警告射撃も可能となります。こうなると、専守ではなくなってしまいますが………。昔から漫画の世界には、光線兵器が登場しますが、今の日本なら開発は可能でしょう。
これこそ、本当の抑止力になり得ます。

仮に、格弾頭を積んだと思われるミサイルでも、打ち上げ直後はせいぜい時速数百キロですから、リフト中に破壊することは造作もないことでしょう。しかも、多弾頭を搭載していても、上昇中ではまだ弾頭はバラバラにできません。
いかがです、このアイデア。誰でも思いつきそうなものですが、………。
posted by ホワイトミスト at 01:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月25日

ドラマが豊作 2023年1月〜

日曜日9時からTBS「Get Ready」 月曜日9時からフジテレビ「女神の教室〜リーガル青春白書〜」
月曜日10時からフジテレビ「罠の戦争」 火曜日9時からテレビ朝日「星降る夜に」水曜日9時からテレビ朝日「相棒シーズン21」
水曜日10時から日本テレビ「リバーサル・オーケストラ」木曜日6時からテレビ朝日「警視庁アウトサイダー」
土曜日11時からテレビ朝日「ハマる男に蹴りたい女」土曜日11時半からテレビ朝日「6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の憂鬱」

これが、この一月からの我が家の録画スケジュールです。これに、「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「エクセレントカンパニー」のレギュラーが入りますので、機材はフル回転状態です。
これだけ数多くの番組を見ようと思うのは、本当にひさしぶりです。

勿論、出演者の好みで見ているのもあります。妻夫木聡・北川景子・北村匠海・草g剛・西島秀俊などです。
「罠の戦争」は、戦争シリーズの3作目で、面白い切り口で迫ってくれるでしょう。「リバーサル・オーケストラ」は、癖のある俳優陣が、どんな絡みを毎回見せるかに興味が有ります。

すっかり安定している思われている「相棒」ですが、意外や中身が陳腐な回もあります。絵画を扱った回は、一昔前の三流脚本を見るようでした。「女神の教室〜リーガル青春白書〜」は、北川景子の魅力で迫るのかと思いきや、意外にも、やや脇に配置されていて、地味に迫ってくる手法は新鮮でもあります。
「Get Ready」 は、誰が何と言っても手塚治虫のブラックジャックに触発されたというより、そのまんまパクリと言えますが、それでもまあ許せるかという内容です。「警視庁アウトサイダー」は、非常にキワドイところで、録画スケジュールに滑り込みました。

ドラマは、最初の5分くらいが我が家の場合の選別基準をクリアーできるかで、録画対象になるかで決まります。あまりに暗くあるいはあまりにもっさりとした展開だと、もう駄目です。皆さんの基準はなんですか。

posted by ホワイトミスト at 01:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月24日

気象庁はオオカミ少年か

台風が来るぞ、それも猛烈なのが……。記録的な大寒波が列島を覆うでしょう。明日は今日ほど気温は上がらないでしょう。
でも、予想は空振り。「天気予報ってどうして当たらない?」

と思っている人はかなりいるでしょう。やはり、目で見えないものの実態をつかむのは、かなり難しいのですが、それでも、観測機器の発達や観測網の細分化などによって、以前よりは細かいエリアごとのチェックが出来るようになっているのです。ただ、それでも、「局地的」と呼ばれる場合の気象変化は、その細かい観測網のメッシュよりももう一段細かくないと、実態には迫れなのでしょう。

ある漁港の漁師が、朝の特定地点の雲がかかる様子を見て、朝は雲一つないドピーカンで風もまったくないのに、「今日は荒れるから、漁にはいかん。」と、家で網の修理をする姿を見ると、違和感を覚える人は少なくありません。しかし、午後になって急に雲がかかり、いきなりの嵐が襲ってくると、改めて地元の人の経験は凄いもんだと思う人が、沢山いるのも事実です。

全てが科学的に解明できるものではないことを教えてくれる良い例が有ります。
新聞の天気図に載らない遥か南の海上で、台風が発生すると、足にリューマチがある患者さんは、「あ、台風が出来た。」と感じるんだそうですが、これなどは全く普通の観測機器の性能には盛込めない部分ですね。

「ツバメが低く飛ぶと雨」っていうのも、気象現象を予見する言葉で、空気中の湿度が上がってくると、飛んでいる虫の高度が下がってきて、それを捕食するツバメも低く飛ぶという理屈なんですが、いきなりこの言葉だけ言われても「???」と思いますよねえ。
つまり、気象庁は、細かいメッシュの部分までは追いかけ切れていなので、予報が当たった地域と外れた地域が隣り合ったような場合は、片や「今日の予報はピッタリだってね。」となるし、片や「また予報は外れたね。」となるのです。

ですから、オオカミ少年である方が、より災害に遭いにくいので、今のような予報システムが出来ているのではないかと、勝手に気象庁の味方をしています。

posted by ホワイトミスト at 01:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

川崎近辺の親父

世の中には、意地悪をしたくてたまらない人種がいるのです。それが、列車妨害。このところ、一週間のうちに必ず一度は電車の緊急停止を経験しています。それも、だいたいがJR川崎駅付近の踏切です。朝と言わず、夜と言わず緊急停止が起きています。

そしてその対応ですが、以前は停車した現場で数十分くらいしてから運転再開となるケースが多かったのですが、先週の金曜と今朝(1/23)の場合は、2分と掛からずに運転再開になりました。
緊急停止には、いろいろな理由があるとは聞いていますが、踏切を渡り切れない老人とか酔っ払いはまああるあるですが、問題なのはどうも故意に踏切に入り込む輩が多くなっているようなんです。それも、同一人物らしいのです。

これが、何故防げないのか。毎回の停止位置から推察すると、ほとんど同じ場所の踏切がその現場なのではないかと思えます。
ということは、同じ「ヤツ」が妨害目的で侵入しているという結論に達します。

それに、今は踏切に監視カメラが有るのですから、人物を簡単に特定できそうなものです。しかも、発生現場がほぼ同一となれば、監視員を一定期間貼り付け置けば必ず現場を押さえることが出来るはずなんです。

こういった人種は、だんだん行動がエスカレートする傾向を持っていますから、いずれは命にかかわるような事故を引き起こさないとも限りません。早めに確保して、厚生施設送りにするべきです。

ひがみ老人の所業なのかもしれませんが、もしそうであるならば、そんな行為で一時の気持ちをいやすより、もっと楽しい場所が有るのですからそういった施設に収容してやったほうが、どれだけ幸せか。今までの歪んだ人生がすべてチャラになるわけではありませんが、せめて余生を安寧に過ごさせてやった方が、周囲の人間にも良い影響を与えるでしょう。

そして、何より、欽定によるダイヤ乱れが激減しますからね。
posted by ホワイトミスト at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする